fc2ブログ
今日のきみとぼく
源岬への愛だけで構成されております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光源三
先日、Fighting Fieldさまで、『源氏物語』の話が出たので、今日は萌え話で。
光源氏を若林くんに据えるまでは決定事項らしいので・・・他の登場人物を考えさせていただきました。
アズマさま、勝手なお願いに許可を頂いて、ありがとうございます。
ものすごく主観的なので、真面目な方は見ない方が良いかも。


【キャスト表】
<光源氏>天皇の息子にして、容姿・頭脳を兼ね備えた男。常に自信満々だが、マザコン。・・・若林源三
<桐壺の帝>光源氏の父。最愛の桐壺の更衣を亡くし、瓜二つの藤壺の宮を迎える。息子思いの父。
<藤壺の中宮>桐壺の帝の中宮。光源氏の実母とそっくり。光源氏の永遠の憧れ・・・松山光
<六条御息所>前皇太子妃。貴婦人として名高い。光源氏の恋人だったが疎遠になり、恨む。・・・三杉淳
<葵の上>左大臣家の娘。光源氏の最初の正妻。気位が高く、なかなか打ち解けず。・・・ピエール
<頭の中将>左大臣家の息子。葵上の兄。光源氏の生涯のライバル。
<夕顔>頭の中将の恋人で娘もいたが、正妻に迫害され、粗末な家に住んでいた・・・若島津健
<紫の上>藤壺の宮の姪。幼い時に光源氏に見初められ、引き取られて、成長してから妻になった。・・・岬太郎
<朧月夜>右大臣家の娘で朱雀院(光源氏の兄)の妃候補。・・・シュナイダー
<明石の上>明石の豪族の娘で、父親により貴人に嫁がせるために育てられた。・・・井沢守
<秋好中宮>六条御息所の娘(源氏の子ではない)で、六条御息所の死後は光源氏が後見。・・・大空翼
<玉鬘>頭の中将と夕顔の娘で、発見した源氏が頭の中将には内緒で後見をする。・・・佐野満
<近江の君>頭の中将の娘で、玉鬘に対抗して捜索、発見される。早口で貴族らしくない・・・日向小次郎
<女三の宮>朱雀院の最愛の娘で、光源氏の二番目の正妻。藤壺の中宮の姪。・・・反町一樹

はい、自分でも長ったらしい文章なので、変換した後のあらすじを下に書きます。どんな人物だったかな?と迷ったら、上の【キャスト表】に戻って下さい。

【あらすじ】
 桐壺帝は桐壺の更衣を寵愛したが、後ろ盾のなかった更衣は皇子を産むが、数年で死んでしまう。帝は残された若林を愛した。しかし、桐壺の更衣のことが忘れられず、そっくりの松山を入内させる。亡き母に似ている上優しい松山を若林は慕うようになった。
 成人した若林は臣下に下ることになり、左大臣家のピエールと結婚するが、打ち解けられない。
 若林は都一の貴婦人と名高い三杉と恋人になる。
 若林は若島津と知り合うが、密会に使った廃屋で若島津は死んでしまう。
 療養に行った先の寺で、若林は松山に似た子供と出会う。岬は母を亡くし、父の元には行きづらく、祖母のところにいた。岬が松山の姪だと知り、若林は祖母を亡くした岬を屋敷に引き取る。
 松山を慕う若林は、松山が宮廷から外出したところを狙う。その結果、松山は不義の子を産む。(後の冷泉帝)
 若林、右大臣家の宴会でシュナイダーを口説き落とす。
 ピエール懐妊。
 賀茂祭で三杉とピエールが大喧嘩。ピエールは子供を産むが死亡してしまう。
 若林、まだ幼い岬に手を出す。
 桐壺帝が若林の兄である皇太子(朱雀院)に譲位。次の皇太子を冷泉帝と決める。
 桐壺帝が死亡、松山が出家してしまう。
 若林、シュナイダーとの関係が右大臣家にばれ、都にいられなくなる。→須磨へ。
 若林、須磨で嵐に遭い、明石の入道に誘われ、明石へ。娘の井沢を恋人にするが、都から許しが出て、帰京。
 冷泉帝(松山と若林の子)即位。井沢、娘を出産。
 三杉が死亡。娘の翼を若林に託すが、手を出さないよう厳命。
 井沢の娘を将来の為に都に呼び寄せる。岬が井沢の娘と翼の母代わりを務める。
 若林、若島津の娘の佐野を発見。実の父親に会いたがるのを、後見(+セクハラ)。その後、父親に会わせる。
 朱雀院は娘の将来を不安に思い、若林に娘反町を嫁がせる。しかし、そりが合わない。岬は悩んで病気に。
 反町、柏木(頭の中将の子)と密通。子供を産む。
 岬、死亡。若林も世をはかなむ。

【言い訳】
・・・長くてすみません。これでも随分削ってあるんです。結構個々のシーンを想像すると楽しいのですが。
一番最初に決まったのは紫の上=岬でした。源氏と一緒に住む、優しくて嫉妬深い、苦労しているけれど明るい、というイメージで。紫の上の叔母、従姉妹ということで似ている二人を当てましたが、女三宮=反町と光源三ではそりが合わない気がします。
 あと、比較的早く決まったのが六条=三杉。葵の上を呪い殺した、夕顔を呪い殺した疑惑、と怪しい貴婦人。三杉くんにぴったりではありませんか。お気に入りシーンは「翼くんだけには手を出さないでくれたまえ」でしょう。
 葵=ピエールはお嬢様イメージです。朧月夜=シュナは色気からですが「シュナとのことが原因で上ともめる」と書くと2002みたいじゃありませんか。
 夕顔=若島津と玉鬘=佐野は似た親子、イメージから。玉鬘は九州から来ているので、合っているはず。
 明石の上=井沢は「身分違い」のキーワードから。後々紫の上と仲良くなるというのも考慮しました。
 近江の君=日向は光源三とは直接関わりがないのですが・・・(日向くんにぴったりの役が見つからなかったので)近江の君の活躍する巻の名が「常夏」なので、選びました(笑)。
 
 源岬者として、紫の上に岬くんを配置したことについては、正解だった、と思います。性格や境遇もそうですが、紫の上が一番、源氏にとって生涯の妻、と呼ぶのにふさわしい存在だったからです。自分が見つけて育てて妻にした女性でしたが、紫の上はそれを恥じず、むしろ誇りに思っていたように思います。そして、愛されている自信を持っていて、生涯にわたって源氏を愛し続けていました。そういう部分が岬くんと通じる気がします。源氏は深く考えていなかったでしょうが、紫の上は源氏の半身といえる存在だったと思います。それを失ったのは源氏自身の愚かさからでした。
 これを書きながら、若林くんにはやっぱり岬くんを大事にしてほしいな、と思いました。リクエストがあったら、またこの企画やります。たぶんないと思いますが。長々と失礼いたしました。


拍手ありがとうございます。
昨日は、途中で送信して寝てしまいました。タイトルを入れ忘れている辺り・・・。
今日はゆっくり寝たのですが、こんなに長くなってしまったのは、きっと反動ですね。

拍手お礼:
さくら様、いつもありがとうございます。
何気ない場面でこっそりいちゃつくのって、考えただけで萌えてしまいます。
うまく表現はできていないんですけれど・・・。

拍手のみの方もありがとうございます。励みになります。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sukinamono11.blog63.fc2.com/tb.php/561-7ab2d96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。