fc2ブログ
今日のきみとぼく
源岬への愛だけで構成されております。
新アニメ感想:第8話 「誕生! 南葛黄金(ゴールデン)コンビ」 
新アニメについて、あくまで個人的な感想をダラダラ書いた記事です。前回 第7話感想の記事

今回のタイトルは「誕生! 南葛黄金(ゴールデン)コンビ」。ストーリーが分かっていても、テンションが上がります。
恒例の前回のおさらいは、修哲のカウンターシーンから。やっぱり、ザカザカ走って来る翼くんの動きが笑えます。

 翼くんの放ったシュートを若林くんは軽々ダイビングキャッチ。
DSC_1267.jpg
 シュートを狙い過ぎの翼くんに、焦っているのか、と心配するロベルト。結局は翼くんの作戦でしたが、チームメイトをうまく使った翼くんのシュートで、ゴールを奪われそうになった若林くんは焦り、
DSC_1270.jpg
「鳥かごだ!!」
DSC_1272.jpg
DSC_1274.jpg
…本当に鳥かごが出現しました。若林くん、つくづく何の能力者なんだろう…。

ロベルトが鳥かごについて「プロが使う時間稼ぎの作戦」「小学生のチームがこんな作戦を使ってくるとは」と解説してくれて、確かに、知っていてもなかなか使わない作戦だね、と思いました。本当に、ロベルトはサッカーに関しては恐ろしくまじめです。

石崎くんが必死に動いて、ボールを奪い取り、鳥かごを破ります。
ここからの演出がすごすぎて、前半のハイライトだな…と思いました。まあ、後半にはそれ以上のメインがある訳ですが。
石崎くんからパスを受け取った翼くんが修哲メンバーを次々抜いていき、(高杉くんは自分で転んだだけでしたが)
(修哲トリオ的なメンバーでハモるシーンが何となく面白かったり。
DSC_1279.jpg
最後には若林くんと一対一に。ペナルティーエリア外からのシュートに、反応する若林くん。
DSC_1281.jpg
DSC_1282.jpg
弾いたボールはバーに当たって跳ね返ったところで、翼くんがオーバーヘッドキックでゴールを決めます。

恐怖映像3連発、という訳ではないのですが、オーバーヘッドキックに驚く岬くん、目を剥く若林くん、落胆している若林くん…ちょっと怖い。
DSC_1286.jpg
DSC_1288.jpg
DSC_1289.jpg

南葛が同点に追いついたことで、試合は延長戦に。
ところが、石崎くんはさっきのプレイで足を怪我していました。
そんな時に、客席から現れた岬くんが、足を診てくれました。
DSC_1290.jpg
DSC_1292.jpg
DSC_1297.jpg
診断は「ねん挫で3日は動けない」。さあ、どうする南葛。(答えは明らかですが)

一方、修哲もトラブル中。
翼くんとの勝負に負けた若林くんが帰ると言い出しました。潔いのか悪いのか。
そして、見上さんに吹っ飛ばされました。
DSC_1301.jpg
DSC_1302.jpg
…これは確かに、深夜枠。今じゃ許されませんものね。
それに対して、キャプテンとしての責任を諭す監督。…指導者と教育者の違いのような気がしました。深い!

南葛側では、浦辺くんと岸田くんが石崎くんの代理で出場するのは自分だと争いを始めました。
しかし、本命は他にいました。「南葛」で「うまい選手」が。
DSC_1307.jpg
DSC_1311.jpg
岬くんは浦辺くんと岸田くんからボールを奪い取り、11番のユニフォームも奪取しました。(以後、11番は彼のもの)
DSC_1313.jpg

若林くんも何故か急に落ち着いて、両チーム試合準備は整いました。

延長戦開始のキックオフは南葛から。岬くんはボールに話しかける翼くんを見て、自分と同じだと確信します。そして、自分にボールを渡した後、先に進んで、と伝えます。
パスを受け取った岬くんは、来生くん、井沢くんと抜き去ってから翼くんにパスを出します。
翼くんは足元にピッタリくるパスに驚き、ロベルトも「なんて優しいパスだ」と言います。
パスを送り合うことで、考えが伝わる相手に、翼くんも一層楽しそうにプレイをします。
DSC_1324.jpg
DSC_1325.jpg
…黄金コンビすごい…。技術等で、黄金コンビと言われるコンビはその後たくさん出てきますが、パスだけでお互いを分かるのは、やっぱりこの二人位だろうと思います。友達の友達だからですね、きっと。

岬くんの登場に焦る修哲の監督に、見上さんは立ち直った若林くんなら大丈夫だと太鼓判を押します。
その視線の先では、若林くんは岬くんのシュートをキャッチしています。
延長戦、南葛が押しているものの、両チーム無得点のまま前半5分が終了しました。
(謎の集合写真)
DSC_1339.jpg

延長戦後半スタート。
修哲のキックオフから、一気に南葛ゴールまで攻め込み、シュートへ。
キーパーがブロックしたものの、ラインアウトで、修哲のコーナーキックへ。
キッカーの滝くんがパスしたのは、オーバーラップしてきた若林くん。
DSC_1340.jpg
DSC_1341.jpg
シュートは決まり、修哲の1点リードに。
DSC_1346.jpg
DSC_1348.jpg
鳥かごをするか聞かれた若林くんは、更に点を取る方を選びます。
DSC_1350.jpg
そのころ、焦っている人が一人。
DSC_1351.jpg
「ボクが入ったから負けたなんて絶対言わせないぞ」
ヒーローの顔になっていました。というところで、次回へ続きます。

ここからはダラダラと感想やら何やらを。
まず、前半の若林くんは、恐らく彼の生涯を通して、一番かっこ悪い時間なのですが、妙に作画が良くて、かっこよかったです。
DSC_1277.jpg
DSC_1283.jpg
そして、見上さんに吹っ飛ばされる。
見上さん、常に黒いハイネックなので、いつも「月影先生」を連想してしまうのですが、今日は完全にそれでした。…ごめんなさい。

そして、今回の話題といえば、岬くん。
最初は
「松山です」
DSC_1291.jpg
「三杉です」
DSC_1308.jpg
と、勝手に自己紹介させたくなる感じなのですが、南葛ユニフォームを着てから、時々岬くんに見えるようになりました。(眉毛が細いシーンもあるし)
ただ、今回は「源岬」としてみるとポイントが高かったので、それを書いておきます。(GCポイントは別に拾う必要もなく、書かれていると思うので)
①岬くん加入直後に機嫌の直る若林くん。(としか見えませんでした。タイミング的に)
②岬くんのシュートの後のすごい画像。
DSC_1333.jpg
③岬くんのシュートをキャッチした後、
「岬太郎、お前もなかなかやるじゃないか」
わざわざフルネームで呟く若林くん。
ちなみに原作では「岬ってやつもなかなかやるじゃないか」だったこのシーン。
今回は、アナウンスで岬くんの名前がフルネームでお知らせされた後だったので、アナウンスで聞いてチェックした感が倍増。
岬くんが攻めてくるのを待ちかまえている時の謎の動作(顎に手をやる、きょろきょろする、ちょっと考える)も合わせると、ものすごくソワソワして見えました。
④若林くんのシュートが岬くんの髪を揺らす描写
DSC_1343.jpg
DSC_1345.jpg
DSC_1342.jpg
DSC_1344.jpg
DSC_1346.jpg
DSC_1347.jpg
これ見た時「なにィ!」って言ってしまいました。…何なのでしょう、このサービスは。


ラストは岬くんがボールに話しかけているシーンの画像で。…親父が話し相手になってくれないからなのは、明白ですね…。
DSC_1318.jpg
スポンサーサイト



テーマ:キャプテン翼 - ジャンル:アニメ・コミック


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sukinamono11.blog63.fc2.com/tb.php/1594-15d403b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)