fc2ブログ
今日のきみとぼく
源岬への愛だけで構成されております。
買い物
※女性向け二次創作です。苦手な方はご注意ください。

 買い物の途中、若林くんがふと一枚のシャツに目を留めた。
「あ、このシャツお前好きそう」
「あっ、ホントだ」
自分の服の趣味はあれなのに、僕の服の趣味は分かるんだ・・・。そんな失礼なことを考えながら覗き込むと、肌触りも良くて、確かに僕の好きな感じだった。お見それしました。
「買ってやろうか?」
「いらないよ。買うなら自分で買うから」
どうしようかと手に取ったところで、横から奪い取られた。足早にレジへと進む若林くんに追い縋る。
「お礼はデートで良いからな」
いや、だから、聞いてよ!
「って結構高いじゃないか」
「俺が着てるところ見たいの。それ着てデートな♪」
嬉しそうな若林くんに、僕まで嬉しくなる。ちゃんと僕のことを見てくれていて、大事にしてくれて。・・・ちょっと強引だけど。

「脱がすところまでセットだからな」
「っもう、感動したの台なしだよ。若林くんのエッチ」
精算の終わった若林くんは、楽しそうだ。その言い草に腹を立てながらも、僕は若林くんの腕に手を絡ませた。
「何だ、サービス良いな」
「服ありがとう。僕ひとりだと迷って買えなかったと思うし」
「下心たっぷりだけどな。でもきっと似合うぜ」
若林くんは笑って、包み紙を僕に寄越した。何気ないやりとりでも、僕が気を遣わないようにしてくれる優しさが透けてる。
 そして僕は、一緒にいる心地好さを痛感する。

「それでデートいつにする?」
尋ねた僕に、若林くんは口元を綻ばせ、いかにも嬉しそうな笑みを浮かべたのだった。

(おわり)

拍手ありがとうございます。
まとめブログのsk2ch.com/archives/14774の記事、どうしても源岬変換してしまうので、いっそ書いてみました。
・・・らぶらぶ感が足りません。

「膝抱っこ」企画にクレスリウム王国 さまもご参加いただけることに。バザール2の「愛情モラトリアム」です。
私の企画、というよりは話を広げただけですが、色々なお話が読めて楽しいです♪

以下、拍手お礼。
桐乃様、「愛の妙薬」に拍手ありがとうございました。
少しだけ書き直しているので、少しだけ読みやすくなっているはず(当社比)。
最後まで至らなかったこと、普段と同じように扱われたことで岬くんも一応は納得しているはずです。
いや、恐らくドレスを着てくれとせがむ若林くんに、そう思わざるを得なくなるはず。うん、大丈夫です(力技)。
続編、考えたら岬くんが今度こそ拗ねてしまいそうな。でも、思いついたら書きます。

M様(一応匿名で)拍手ありがとうございます。
「見上×片桐」と言われると確かにそれだけで相当面白い気がします。
そして、見上さんがメガネを動かす度に吹っ飛ぶ片桐さん。
脳内では相当面白かったのですが、そのCPの破壊力に負けているのはどうしてなんでしょう。

拍手のみの方もありがとうございます。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:キャプテン翼 - ジャンル:アニメ・コミック


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sukinamono11.blog63.fc2.com/tb.php/1125-1251a482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)